linuxやるブログ

linuxができなくて悔しい思いしてるので、linuxやるぞ~ 初歩的なやつから少しずつ。 OSはCentOS5.3がメインだす。正確性は保障できませぬ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

postsuper

postsuper


キューの一時停止(hold)

# postsuper -h 93C6C97781F1 (キューIDを指定して停止)
# postsuper -h ALL (全てのキューIDの再送信停止)

キューからの復活
# postsuper -H 93C6C97781F1 (キューIDを指定して復帰)
# postsuper -H ALL (全てのキューIDの再送信復帰)

キューからの削除
# postsuper -d 93C6C97781F1 (キューIDを指定して削除)
# postsuper -d ALL (全てのキューIDの削除)

ファイルからキューIDを取り出して削除
postsuper -d - < queueid.txt (queueid.txtは削除対象のキューIDが入ったファイル)







スポンサーサイト

PageTop

postqueue

postfix いろいろとトラブッたので備忘録に。

まずは、メールログ(/var/log/maillog)から、メールが配信されたのか
どうなのかを確認するには、「status」がどうなのかを見ればよい。

status=sent    送信済み
status=bounce   送信失敗(宛て先が存在しない等)
status=deferred  なんからの理由で失敗(相手のメールサーバが落ちてるとか)したが、
          取り敢えずキューに入れて時間を置いて再送信を試みますよ!


statusがdeferredであった場合。。

現在のキューを確認
# postqueue -p

キューの中身を見る
# postcat -q D250E17781EC (D250E17781ECはキューID)

そんで、溜まっているキューを強制的に再送信するには、
# postqueue -f

まずは、基本中の基本からスタート!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。